初めての自動車購入の思い出

結婚して初めて購入した自動車はやはり特別な思いがあります。
故障で泣く泣く手放しましたが、本当によく走ってくれました。
ペーパードライバー状態だった私の練習に、生まれた息子のおむつや着替えを持ってのお出かけ、息子がどこにでも持って行きたがった自転車を乗せ、ありえない量の荷物を詰め込んでのオートキャンプ、首都圏から長野への往復を何度もこなし、飼い始めた犬も乗るようになり・・・我々家族の歴史には外せないアイテムとなりました。
その自動車を購入したときの思い出は当時は恥ずかしく、今は笑える思い出です。
車種を決め、自宅でディーラーさんとの交渉も終盤を迎え、契約成立の日でした。「それでは恐れ入れますが内金をお願い致します。」と言われました。自動車購入の感激ですっかり内金の存在を忘れていたのです。そんなときに限ってお財布の中身がお互いすっからかんで、まさか硬貨だけなんていうのもかっこ悪く、ディーラーさんが見守る中、あわてつつもこそこそとお金を探したのを覚えています。そんな日を経て、無事納車されたピカピカの車にはかわいいブーケがプレゼントされていたり、記念写真を撮って頂いたり、そのときのディーラーさんの心遣いがとてもうれしかったです。車買取千葉市では自動車購入時の心構えとかも書かれているので、車の買い替えを考えている方などは必見だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です